【合コン】飲めない女性のメリット・デメリット

 

大人の付き合いをする中ではアルコールが絡む機会が多くあります。
お酒の弱い女性は、すぐほろ酔いになってかわいがられるイメージがあると思いますが、まったく飲めないとなったらどうでしょう。
今回は、合コンにおけるお酒がまったく飲めない女性のメリット・デメリットについて紹介していきます。

 

目次
1.飲めない女性のメリット
2.飲めない女性のデメリット

 

飲めない女性のメリット

いくら合コンでお酒が出るとしても、お酒が飲めない女性にもメリットはあります。
1,かわいがられる
2,トラブルに巻き込まれない

 

1,かわいがられる

「お酒が飲めない=お酒が弱い」ということなのですが、基本的に男性は「弱い」女性に惹かれる傾向があります。
守ってあげたくなるのです。
お酒があまり飲めないとしても、まったく飲めないとしても、顔が赤くなる程度お酒を口にすれば十分効果があります。
合コン13
男性からすればお酒で重要なのは、どのくらい飲んだかではなく、どのように変化したかということなんです。
「私、お酒まったく飲めないんです」と言いつつ、乾杯で一口含むだけで顔が赤くなったとしたら「本当に弱いんだね」となるだけで、男性は女性らしさを感じますから何も問題はありません。

 

2,トラブルに巻き込まれない

お酒の飲めない女性は無理をする必要はありません。
「酔った勢いであわよくば・・・」と考える男性はいるでしょうが、嫌がる女性にそこまで無理をさせて飲ます男性はそうはいません。
そういう意味では、お酒で記憶がなくなって・・・のようなトラブルに巻き込まれることは意外と少ないようです。

 

女性にとって「意外と」なんて言われると怖いと感じる女性もいるでしょうが、その多くは飲めないお酒を無理して飲んでしまった場合の話です。
友人の協力を得て守ってもらうなどの予防措置があれば、何も心配することはないでしょう。

 

飲めない女性のデメリット

お酒が飲めない女性のデメリットは、「場違いな存在」として扱われる可能性があるということです。
お酒の場でお酒が飲めないわけですから、ある意味空気の読めない女性という見方もできます。
合コンにもいろいろな種類がありますが、単にその場でバカをやって盛り上がろうというだけでなら特に大きな問題はないでしょう。
しかし、出会いを求めていたり、ノリが合えばそのまま最後までと考えているメンバーがいればめんどうな女性として扱われます。
合コン12
いかがでしたか?
お酒が飲めない女性でもメリットとデメリットが両方存在します。
ただ、男性としては「自分よりもお酒が強い女性はちょっと・・・」と思っていることが多いようなので、お酒が弱いことに関しては何も問題はなく、むしろメリットの方が大きいかもしれません。

 

しかし、お酒がまったく飲めないとなると、その場の雰囲気を壊しかねないので、合コンメンバーと事前に打ち合わせをした上で参加するかどうかを判断した方が良いでしょう。